林真理子さん 44歳で出産した一人娘が社会人に 「彼女にとって私はずっとテレビ見てるおばさんらしい」

[ 2022年1月14日 14:13 ]

林真理子さん
Photo By スポニチ

 作家の林真理子さん(67)が14日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)にゲスト出演。44歳で出産した娘が社会人になったことを明かした。

 「あっという間で、幼稚園この前に入ったと思ったら…」と感慨深げな表情。娘は全く本を読まないといい「子供の時から本読んでないんですよ。今も読んでないですね、まったく。私はバカにされてますよ。彼女にとって私はずっとテレビ見てるおばさんらしい」と苦笑。

 それでも、初めてのボーナスでストールを買ってくれたといい「手紙で『これからもママよろしく』とか書いてくれたのでうれしかったですね。素敵な色でね。ありがたいです」とうれしそう。

 「これで一つ役割終わったって感じです。結婚は自分(娘)が連れてきた人なら誰でもいいと思ってますので。よくやったって感じですね。若いお母さんと一緒に幼稚園活動とかいろいろ大変でした。お弁当作りとか娘のスケジュール優先しましたし。大変でしたけれども」と安堵(あんど)した表情だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2022年1月14日のニュース