中居正広「すごい人になっちゃうのかな」「もう気軽におしゃべりとかできないのかな」アノ人の才能絶賛

[ 2022年1月10日 15:18 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(49)が8日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。お笑いタレント、劇団ひとり(44)の映画監督としての才能を絶賛した。

 ひとりはビートたけし(74)の自叙伝「浅草キッド」を映画化し、昨年12月にNetflixで全世界に同時配信された「浅草キッド」で脚本・監督を担当した。

 中居はこれまでもテレビ番組出演時などに「浅草キッド」を絶賛してきているが、この日の番組冒頭で再び同作品について触れ「途中ぐらいから、もうどっぷりはまってたので。ああこれ、もう佳境にさしかかってるなと思うと、終わらなければいいのになっていうぐらい良かったですねぇ」としみじみ。「劇団さん、すごい人になっちゃうのかな…。なんかもう気軽におしゃべりとかできないのかな…と思いながら」と、自身がMCを務めるテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)などでレギュラーとして共演するひとりの才能について惚れ惚れと口にした。

 そして「あれを見たということはNetflixに入ったんじゃないかってことですよね?」と自ら切り出すも「入ってないんですね」と“超アナログ人間”の中居らしくブレずにキッパリ。さらに「何十年後かに『中居正広誕生秘話』とか作られたらどうしましょうか。誰が中居くんをやるんでしょうか」とした後で「オレ、やるでしょ、本人役。オレが中学生から50までの。う~ん。無理か。少年野球、オレ無理か。おじさんがやってることになっちゃうか。もうお芝居、無理かぁ…」と寂しそうに“自己完結”していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2022年1月10日のニュース