×

「ドライブ・マイ・カー」全米批評家協会賞主演男優賞 西島秀俊はアジア人初の快挙

[ 2022年1月10日 05:30 ]

映画「ドライブ・マイ・カー」主演の西島秀俊と三浦透子(C)2021「ドライブ・マイ・カー」製作委員会
Photo By 提供写真

 濱口竜介監督(43)の映画「ドライブ・マイ・カー」が、8日(日本時間9日)に発表された第56回全米批評家協会賞で作品賞、監督賞、脚本賞、西島秀俊(50)の主演男優賞の4冠に輝いた。日本単独製作の作品賞は黒澤明監督の「乱」(85年)以来、主演男優賞はアジア人初の快挙となった。

 主演の西島は、ボストン批評家協会賞の最優秀男優賞に続く2冠。ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ21年のグレート・パフォーマー13組の一人に日本映画から初めて選ばれている。共演の三浦透子(25)はヨコハマ映画祭の助演女優賞、TAMA映画賞の最優秀新進女優賞など、日本の賞レースをにぎわせている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月10日のニュース