×

ハライチ「M―1」に別れ告げる 澤部「楽しい15年間」岩井「ありがとう」 ラストイヤーに意地見せた

[ 2021年12月19日 20:39 ]

敗者復活戦で漫才をするハライチ(C)M-1グランプリ事務局
Photo By 提供写真

 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2021」が(優勝賞金1000万円)決勝が19日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた。敗者復活から勝ち上がった結成15年目でラストイヤーのハライチが「M―1グランプリ」に別れを告げた。

 決勝大会の順番を決める「笑神籤(くじ)」で、ゲストの東京五輪柔道女子金メダリストの阿部詩(21)が4番手で「敗者復活」の枠を引き、敗者復活から「ハライチ」のコンビ名が呼ばれた。ハライチは5年ぶり5度目の決勝大会に駒を進めた。

 決勝では636点で暫定3位に入った。しかし、5番手の真空ジェシカが638点を叩き出して4位に後退し、ファイナルラウンドに進出することができなかった。

 暫定ボックスにいた澤部佑(35)は「ありがとうございました。楽しい15年間でした」と感謝。岩井勇気(35)も「M―1グランプリ、ありがとう。楽しかった」とやりきった表情で爽やかに別れを告げると、スタジオから拍手が沸き起こっていた。

 ハライチは幼稚園からの幼なじみで、岩井が「澤部と一緒におもしろいことをやりたい」と願い、05年にコンビを結成した。コンビ名は2人の出身地である「埼玉県上尾市原市」から。もともとM-1優勝を夢見て結成したコンビ。今年が出場資格最終年ということもあり、4年ぶりの出場を決断した。過去4度も決勝に進みながら、届かなかった少年時代の夢へ、最後のチャンスにかける。同期にはチョコレートプラネット、すゑひろがりず、シソンヌなど。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月19日のニュース