×

ひろゆき氏、企業は“学歴フィルター”を公言すべきと持論「そっちの方が低偏差値の人は助かるんですよ」

[ 2021年12月10日 17:07 ]

西村博之氏
Photo By スポニチ

 「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏(45)が9日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、「学歴フィルター」問題について私見を述べる場面があった。

 事の発端は大手就活情報サイトが、学生を所属大学によって選別していた疑いが浮上したこと。ひろゆき氏は8日、ツイッターでこの件に触れ「学歴フィルターがバレて偏差値の低い大学の人が不快になったという話。面接できる人数は限られていて、偏差値の高い大学生だけを相手にしたい企業があるのは事実。嫌なら勉強して良い偏差値の大学に入ればよい。学歴フィルターに文句を言うのは見当違いだと思うおいらです」と、投稿していた。

 ひろゆき氏は「建前を真に受ける人達」というタイトルで、この問題に再度触れ「『どんな大学の人でも受け付けるべきである、なぜなら平等であるべきだから』っていうのは、建前としては正しいんですよ。でも企業は、『足切りしない』とか言いながら大東亜・日東駒専以下だったら、切り捨てみたいなことをやるんですよね」と、語る。

 「本来であれば『採らないです』って言って、誰も企業をバッシングしない社会の方が、低偏差値の人は助かるんですよね。どうせ受からないって分かった方が、応募をするコストがかからないじゃないですか。でも『学歴フィルターはよくない』っていう人たちがいて、結局それは、低偏差値の大学生を困らせてるんですよね」と、持論を展開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月10日のニュース