×

山下真司「僕の心の中では神様」「気持ちを慮ることが大切」愛子さまの行事に関連し皇室について問われ

[ 2021年12月6日 10:32 ]

俳優の山下真司
Photo By スポニチ

 俳優の山下真司(69)が6日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。今月1日に20歳の誕生日を迎えた天皇、皇后両陛下の長女愛子さまは5日、皇居・宮殿などで成年の行事に臨まれたことについてコメントした。

 愛子さまは、成年女性皇族の正装ローブデコルテを着用して天皇、皇后両陛下にあいさつした。皇族の成年行事は秋篠宮家の次女佳子さま(26)以来、7年ぶり。愛子さまのティアラは陛下の妹黒田清子さん(52)から借りたもの。シンプルなデザインのドレスとともに、コロナ禍に苦しむ国民に寄り添う姿勢がうかがえた。

 MCの谷原章介(49)から、皇室の在り方について「日本人の象徴みたいなところで僕らはずっとあがめてきたわけですけれども、山下さん、いかがでしょうか」と聞かれた山下は「僕の心の中では神様なんですよね。つまらない話ですけど、僕も大名行列とかやって皆さんに手を振ったり笑顔振りまいたりするんですけど、それってすごく楽しいんですけど、やっぱり疲れるんですよね」と自身の思いを述べた。谷原が「でしょうねえ」と言うと、「そういったところも我々もそういう気持ちを慮るっていうか、それは大切だと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月6日のニュース