とにかく明るい安村 ロケで感じた新庄ビッグボスの配慮「周りが和やかになって…」

[ 2021年11月25日 11:38 ]

とにかく明るい安村
Photo By スポニチ

 お笑いタレントとにかく明るい安村(39)が24日深夜放送のテレビ朝日「ネオバズ!!2分59秒」(水曜深夜0・20)に出演。日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)について熱弁した。

 北海道・旭川市出身で、旭川実業で甲子園出場経験を持つ安村。新庄監督が人を惹き付ける理由について独自に考えた結果、「派手さの裏に隠れた、まわりに対する配慮」という部分にたどり着いたという。

 そして、自身も新庄監督の配慮を体験したことがあるといい、「今年の夏に新庄監督と野球をやるっていう番組のロケがありまして…」と切り出した安村。「僕がセカンドランナーで新庄監督が最後のバッターでヒットを打って、セカンドからホームに僕が暴走してしまってホームでタッチアウトになって、収録が終了してしまったんですよ」と当時の状況を振り返った。

 安村の暴走に、現場の空気は少し悪くなってしまったようで、「『なにやってんだ安村!主役はお前じゃない、なに目立ってんだ!』っていう感じになったんですけど…」と回顧。しかし、その時に新庄監督の配慮を感じたようで「新庄監督を見たら、1人で大爆笑されてまして。で、僕に対して『安村くん最高だよ!もしあそこで走らなかったら逆に怒ってたよ!』って言ってくれて…」と説明。新庄監督の一言のおかげで、撮影も良い雰囲気で終えられたようで「周りが和やかになって、収録大成功みたいな感じになって終わったんですよ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月25日のニュース