×

有吉弘行 超危険カースタント挑戦に「光栄だなっていう思い」 車内じゃなくてボンネットにスタジオ騒然

[ 2021年11月16日 22:01 ]

有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(47)が16日放送のテレビ朝日系「有吉クイズ」ゴールデンSP(後8・00)に出演し、カースタントに挑戦した。

 毎回恒例の「有吉のプライベート密着Q」で有吉が訪れたのは静岡県裾野市。竹林などに囲まれた場所で車を降りて向かったのはカースタントのパイオニア「タカハシレーシングの専用スタント場」だった。今回挑戦するのは「カースタントですかね」と明かすと、スタジオは騒然。みちょぱこと池田美優(23)は「やるの!?もうやんなくていいでしょ、さすがに」、「霜降り明星」のせいや(29)も「えー、有吉さんが?」と口にした。

 有吉は「ちょっと確認したいです」とし「最近、なかなかカースタントは体験することもないですし、目にすることも少なくなってきたので、今一度しっかり確認しておきたい」と挑戦理由を語った。さらにドライバーを務める田邊秀輝さんに「あんまりやられてないから、腕も落ちてるんじゃないかなと心配なんですよ」と伝えた。さらに「若手にやらせる時もちょっと心配なんで、自分が確認しておきたい」と後輩思いの一面を見せた。

 有吉が「ここにつかまって」と、車内ではなくボンネットの上で挑戦することに再びスタジオが騒然。みちょぱは「そういうタイプ?ウソでしょ。マジでやんの」、せいやも「ウソやろ!?外?」と衝撃を受けた。ボンネットに乗った有吉は「相当怖いですね。角度がついているから、前に突っ込んで落ちちゃいそうな感じに。もうこの状態でしんどい。吐きそう」と語った。

 この危険なカースタントについて「プロ中のプロが最後にやる見せ場、大舞台」と、たけし軍団やダチョウ倶楽部といった大御所がやっていたものとし、「当時ペーペーだった人間には憧れ。感慨深いものがある。限られた人しか許されてないものだからうれしい。光栄だなっていう思い」としみじみと語った。

 そして、カースタントに挑戦した有吉。車が停車すると、急に横の地面が爆発。スタッフが「あ、有吉さん大丈夫ですか?」と心配した。スタジオのみちょぱらが心配する中、煙の中から出てきた有吉。まるで“奇跡の生還”のような演出で姿を現すと、スタジオからはツッコミの声が飛び交った。そしてなぜか、銃で撃たれ、最後は死んでしまう映像が流れた。「泣くと思ったけどな、みんな」と語る有吉にみちょぱは「こっちでしょ、やりたかったの」と呆れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月16日のニュース