×

NMB渋谷凪咲 有吉との初共演番組で「墓場まで持っていきたいぐらい」凹んだ体験 収録後に楽屋で号泣

[ 2021年11月16日 16:44 ]

NMB48の渋谷凪咲
Photo By スポニチ

 「NMB48」渋谷凪咲(25)が15日、TBS「霜降りミキXIT」(月曜後11・56)に出演。お笑い芸人の有吉弘行(47)との初共演への現場で「楽屋帰ってめちゃくちゃ泣いた」エピソードを明かした。

 「今までめちゃめちゃ凹んだ仕事ありますか?」と投げかけた渋谷。「これ、ホント、墓場まで持っていきたいぐらい」と有吉との初共演の番組でのエピソードだとし、「有吉さんって楽屋あいさつは来なくていいですよ!って方じゃないですか。でも、私はあいさつしないといけないって育ってきたので、『大丈夫かな?失礼じゃないかな?』ってずっと不安を抱えたまま収録入っちゃったんです」と振り返った。

 「オープニングトークの時に私がエピソードトークを話すってなったんですけど、フワフワして、いつも通りできなくて、終わってからシーンってなったんです。皆さんが助けてくださって、そのエピソードトークで話をつないで『渋谷ちゃんどう?』みたいに聞かれても、頭真っ白になって話なんにも聞こえてきてなくて、その質問も何聞かれたかわからなくて、返しもめっちゃ変な感じになってまたシーンってなって…」とガックリ。「変な感じになって、そのまま本編のVTRに入ってしまったんです。そしたら、VTR見てる時も目を開いてるはずなのに、何にも見えてないんですよ。音も聞こえてなくて、ずっと耳鳴りするし、ほんでそのまま楽屋帰ってめちゃくちゃ泣いたっていう」と苦笑いを浮かべた。

 この話に、スタジオからは「もう芸人じゃん!」「どんだけ凹むんや。アイドルに返しとか無いのよ」などとツッコミ。渋谷によると、帰宅してからもそのショックは続いていたといい、「ずっとシャワー、ボーっと浴びて…」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月16日のニュース