NHK「岸辺露伴は動かない」新作第5話 まさかの「ジョジョ」本編エピ 市川猿之助が乙雅三役

[ 2021年11月12日 17:25 ]

12月28日に放送される「岸辺露伴は動かない」第5話。乙雅三役を演じる市川猿之助(C)NHK
Photo By 提供写真

 昨年12月末に3夜連続で放送され、大反響を呼んだ俳優・高橋一生(40)主演のNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」の新作3本(第4~6話)のうち、第5話「背中の正面」(12月28日後10・00)で原作漫画「ジョジョの奇妙な冒険」本編のエピソードが描かれることが12日、発表された。「ジョジョ」第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場する“背中を見られたくない男”乙雅三(きのと・まさぞう)役を歌舞伎俳優の市川猿之助(45)が演じる。

 荒木飛呂彦氏(61)の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第4部「ダイヤモンドは砕けない」の登場人物・岸辺露伴を中心に展開される同名傑作スピンオフ短編を初の映像化。露伴が相手を本に変えて生い立ちや秘密を読み、指示を書き込むことも可能な特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を駆使して奇妙な事件に挑む姿を描く。

 ファン待望の1年ぶり続編。主人公の漫画家・岸辺露伴役を高橋、相棒の女性編集者・泉京香役を飯豊まりえ(23)が続投する。

 昨年の第1話「富豪村」、第3話「D.N.A」、今年の第4話「ザ・ラン」(12月27日後10・00=ゲスト笠松将)、第6話「六壁坂」(12月29日後10・00=ゲスト内田理央)は短編漫画「岸辺露伴は動かない」、昨年の第2話「くしゃがら」は「岸辺露伴は叫ばない 短編小説集」のエピソード。第5話は“まさか”の「ジョジョ」本編のエピソードが採用された。

 第5話「背中の正面」は、露伴の家にリゾート開発を請け負う会社の営業部に勤める男、乙雅三が尋ねてきた。家の中に招き入れると、男は背中を壁につけたまま這いずるようにして入ってくる。靴を脱ぐ時も、椅子に座る時も、紅茶を飲む時も、愛想笑いは返しても、男は決して露伴に背中を見せようとしなかった。その奇妙な行動に猛烈に好奇心をかきたてられた露伴は、策を弄して無理やり男の背中を見てしまう。すると背中を見られた乙を異変が襲い、その異変はやがて露伴にも…という展開。

 原作の乙雅三は一級建築士。火事に遭った露伴邸修理の見積もりに訪れる。「背中に取りついてささやく」能力のスタンド「チープ・トリック」を使う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月12日のニュース