×

「おかえりモネ」最終回“菅モネ”再会で幕 ロス広がる トレンド1位締め「希望に満ちたエンディング」

[ 2021年10月29日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」最終回(第120話)。2年半ぶりに再会した百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は29日、最終回(第120話)が放送され、完結した。東日本大震災を背景に「人の痛み」と誠実に向き合い、見る者の心を静かに突き動かしてきた感動作。最後は、離ればなれだった百音(清原)と菅波(坂口健太郎)の2年半ぶり再会で幕を閉じた。放送終了後には「#おかえりモネ」がツイッターの国内トレンド1位と反響。SNS上にはドラマ終了を惜しむ声や感謝の声が相次ぎ“モネロス”が広がった。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」などやテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けたオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描いた。

 「生きてきて、何もなかった人なんていないでしょ。何かしらの痛みはあるでしょ」――。百音の同僚の気象予報士・内田(清水尋也)の言葉(第78話、9月1日)に象徴されるように、登場人物それぞれが抱える「痛み」と「葛藤」を時に残酷なまでに、そして、その「救い」と「再生」を背中をさするように“手当て”しながら丹念に紡ぎ上げた。俳優の坂口健太郎(30)が好演した医師・菅波の言動ついてつぶやく際のハッシュタグ「#俺たちの菅波」が自然発生するなど、連日、関連ワードがツイッターのトレンド入り。SNS上で反響を呼び続けた。

 最終回は、未知(蒔田彩珠)の大学合格を祝うため、東京の明日美(恒松祐里)も帰省し、幼なじみ6人が永浦家に集まる。皆が見守る中、百音(清原)は“あの日”以来、閉じたままだったサックスケースを開ける。そして2020年2月。百音、未知、新次(浅野忠信)たちに見送られ、亮(永瀬廉)は海へ。耕治(内野聖陽)と龍己(藤竜也)も海へ、それぞれの道を歩み始める。そして数年後…という展開。

 百音は、呼吸器専門医として緊急帰京した菅波(坂口)と2年半ぶりに再会。「あなたと僕は、違う時空で生きてるのか」「私たち、距離も時間も、関係ないですから」――。時空を超え、朝ドラ史に残る“最強の2人”が誕生した。

 SNS上には「素敵な物語を紡いでくださり、ありがとうございました。もう既にロス」「船の出航でラストを飾るなんて素敵やん!『私たちには距離も時間も関係ない』って名言も最高すぎて!」「眩しい太陽や海や子供たちや若い恋人や新しい旅立ちや。未来への希望に満ちたエンディングでした。震災、コロナ、大変なこと起こるけど、また、こんな明るい日常がやってきますように」「職人さんが丁寧に丁寧に毎日少しずつ手作りして、ようやく完成した工芸品みたいに愛しくて優しくて温かくて本当に大好きな朝ドラだった。ありがとうございました」「モネと同じように『あの時、何もできなかった』悔しさを背負うコージー(耕治)に、この台詞(船に乗る亮と見送る新次を『見たら、オレが救われてしまうんじゃないかって。おまえたちに、何ができんだって、思ってきた。オレが、胸なで下ろしてしまうんじゃねぇかって。そんなもんじゃねぇだろ。そんな簡単じゃねぇだろ。だから、オレが見て泣くのは、もう少し、先にしときたいんだよ』)を言わせる。まだ終わってない。まだまだ寄り添っていかなきゃならない。ドラマは笑顔で終わっても決して大円団にはしない。これからだよ。まだまだだよって訴えるのが、このドラマの誠実さだ」などの声が相次いだ。

 放送終了後(午前9時)には「#おかえりモネ」がツイッターの国内トレンド1位、「りょーちん」が8位、「菅波先生」が9位、「#俺たちの菅波」が10位とトップ10を席巻した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月29日のニュース