山里亮太 道徳の教科書あらためて読み返し感嘆も…「1個だけひっかかることがある」

[ 2021年10月19日 14:49 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)が19日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に生出演。「心の進化に必要なものっていうので、原点に立ち返ってあるものを購入しました」と道徳の教科書を購入したと明かした。

 「以前、山里がすさんでいたときに奥様と相談した結果、道徳から学んでみようってなって。どれぐらいから学べばいいと思う?って言ったら『何言ってんのよあなた。1年生からよ』って言われて」と、妻・蒼井優(36)の助言もあって、小学生用の道徳の教科書をネットで購入したそう。

 「道徳の授業って成績に関係ないからって、ないがしろにし続けてたけど、めちゃくちゃ大事なこと言ってるんだよ。ありがとうを言うタイミング、ありがとうを言うことでどういう気持ちになるか、言われた人はどういう1日を過ごすかをみんなで会議しようって。あなたのありがとうはどれだけの人を幸せにして、たった一言ありがとうを言うだけでどんなに世の中で良いことが起きているかって、1年生で話し合うんだよ」と、その内容に感嘆した。

 「ありがとうって言う意味はなんなんだろうかとか、ありがとう(の意味)を探すときって、結局自分が何をしてもらっているかを考えることになる。それにちゃんと目を向けれていないと、いかに“ありがとうチャンス”を逃しているかが分かる。そうすると、嫌な気持ちにならないことが増えてくるっていう。すばらしいと思った」とコメントした。

 一方で「1個だけひっかかることがある」とも。「教科書見たら0円なの。俺、転売ヤーから買ったのよ。皮肉じゃない?道徳の教科書を転売ヤーから買うっていう。0円のものを私は1400円で買った」と、しっかりオチもつけて笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月19日のニュース