ナイツ塙 ドラフト会議に持論「コントロールが良いピッチャーを取った方が良い。芸人で例えると…」

[ 2021年10月12日 15:59 ]

「ナイツ」の塙宣之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(43)が12日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木後1・00)に出演し、11日に東京都で開催されたプロ野球のドラフト会議について語った。

 中継を見ていて、塙は「昔のドラフトと違って今のドラフトって150キロ(の投手)なんて当たり前じゃん」と驚いたといい「俺の子供の時って150キロ投げるピッチャーってほとんどいなかった」としみじみ話した。さらに「今は高校生とかでも150キロとか投げるんだけど、そこだけで取っちゃって結局プロ入ってコントロール悪くて成功しないピッチャー多いからコントロール(重視)で取った方がいいのかな(と思う)」と持論。

 「例えば芸人でいうと、すごい勢いのある漫才とかって目立つから(テレビに)出がちじゃん。だけど、実はちゃんとツッコミが上手くてみたいなやつの方が結局残るじゃん」と例えて説明。「コントロール良くて145キロぐらいのピッチャーを取った方が良いのかなって勝手に思ってるんだけどね」と自身の考えを語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月12日のニュース