「嵐」の櫻井翔&相葉雅紀がW結婚 異例の同日発表となったワケ

[ 2021年9月28日 18:20 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が28日、ファンクラブサイトを通じて、結婚することを発表した。お相手はともに一般女性。芸能界ではめずらしい同じグループメンバーたちによる同日発表となった。

 嵐は昨年大晦日のNHK「紅白歌合戦」出演を最後にグループ活動を休止。以降は、5人そろっての姿を見せてはいない。ただし、櫻井と相葉の2人はNHKの「東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」を一緒に担当し、中継番組などで何度も顔を合わせてきた。

 このスペシャルナビゲーターは当初、嵐の5人で務めるはずだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪とパラリンピックが1年延期となり、この間に嵐が活動を休止した。東京で57年ぶりに開催されたスポーツと平和の祭典での大役は、最終的に櫻井と相葉の2人で担当。今月5日のパラリンピック閉会で大きな仕事を務めあげてから、2人は別々の日に婚姻届を提出した。

 嵐の5人の中でも共通点はいくつかあり、ともに1982年生まれ。メンバー間で嵐の活動を続けるか、一度休止するかどうかの話し合いになった際も、そろって「存続」を願ったのが櫻井と相葉とされる。

 関係者によると、東京五輪・パラリンピック後に結婚を同日発表する案も2人で考えたという。

 嵐メンバーの結婚は19年11月に報告した二宮和也(38)以来となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月28日のニュース