「おかえりモネ」宇田川さん姿現さずも百音に餞別の絵 ネット涙も ノック4回は「サヨナラ」?

[ 2021年9月28日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第97話。宇田川さんの絵を百音に贈る菜津(マイコ)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は28日、第97話が放送された。これまで一切、姿を現していない「宇田川さん」が、またも“異例”のトレンド入りを果たした。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第97話は、2019年11月。気仙沼に戻った百音(清原)は早速、地元密着型の気象予報士の売り込みに出掛ける。市役所で働く悠人(高田彪我)に、観光課課長の遠藤(山寺宏一)を紹介してもらい「けあらし観光ツアー」を提案も、反応はイマイチ。その時、機械音の気象情報が流れてくる。その正体はAIアナウンサー。地元のコミュニティFMの放送だった。それを聞いた百音は“ある提案”を遠藤に持ち掛ける…という展開。

 いよいよ東京の下宿先・汐見湯を発つ時。別れ際、菜津(マイコ)は自分が描いた百音&菅波(坂口健太郎)の絵と、美大出身の宇田川さんの絵を百音にプレゼント。「宇田川さんが昔描いた絵なんだけど、よかったら新しい職場に、って」。宇田川さんは最後まで姿は現さなかったが、銭湯からコンコンコンコンと音。「出てはこない。ごめんね。これが精いっぱい。これでも私たちは前に進んでいると思う」。百音は「お世話になりました。そこにいてくれるだけでいいって言ってくれる菜津さんに出会えて、よかったです。おじいちゃんも、おばあちゃんも、宇田川さんも。本当にありがとうございました。行ってきます」と別れを告げた。

 宇田川さんは百音の下宿先・汐見湯に住む男性。菜津によると、2階の一番奥の部屋に住む宇田川さんは、菜津の祖父母が昔、世話になった人の孫。年齢は菜津より上。「すっごくいい人なんです。ただ、部屋から出てこないだけで。もともと、きちんとした人なの。今は私たちが寝ている間に、お風呂のお掃除をしてくれるの」(菜津)。普段は全く姿を現さず、物音だけが聞こえ、百音と明日美(恒松祐里)も引っ越してきた当初は怯えたが、案外すぐに慣れた。第11週(7月26~30日)のサブタイトル「相手を知れば怖くない」の象徴となった。

 第83話(9月8日)、宇田川さんの体調が悪く、菜津は「宇田川さんね、急にワーって混乱しちゃったり、ドキドキしちゃうことがあって、それで外に出られないの。ヒロくん、絵とか漫画とか、お習字とかが上手でね。私、ヒロくんに絵教えてもらうのが好きだったの。ヒロくんが美大行ったから、私も行ったんだ。(宇田川さんの絵は)飾ってないの。人に見られるのが、嫌なんだって。私はヒロくん、才能あったと思ってるんだけどね。私たちが学生の頃って、美術とか専門生かせる就職先なんか全然なくて。ヒロくん、普通の、割とちゃんとした会社に何とか就職したんだけど、水が違うっていうのかな。沼で、じーっと静かに世の中見てた人が、荒波の海に放り出されちゃった、みたいな。それでも頑張って8年ぐらい、もっとかな、ちゃんと働いていたのよ。営業成績も良かったみたいだし。でもね、ちょっと体調を崩して、すぐ戻れるって自分で言ってたのに。明日は会社行く、明日はって言っているうちに、誰とも会えなくなっちゃってた。今日はちょっとしんどかったみたいで、ごめんなさいね。でも、もう大丈夫って言ってるから、心配しないでね」と宇田川さんの過去を明かした。

 第88話(9月15日)、汐見湯も台風対策。百音は1階は危ないと注意喚起を重ね、Jテレに向かった。明日美が菜津の祖父・肇(沼田爆)と祖母・光子(大西多摩恵)に「あれ、おばあちゃんたち、何か大事なものとかさ、2階に持っていく物ない?運ぶよ」と声を掛けると「ありがとう。さっき、もう全部」(肇)「ヒロくん(宇田川さん)が運んでくれたの」(光子)。菜津は宇田川さんが部屋から出たことに「そうなんだ」と顔がほころんだ。

 SNS上には「開始2分で号泣」「宇田川さんからモネへのエールが絵だったのに泣けた」「宇田川さんが絵を餞別にくれるとは!一歩ずつ進んでるよ~」「宇田川さん、今までありがとうございました」「やっぱり宇田川さん、出なかったかー。後々モネに汐見湯集合写真が届いたらいいのにな。謎のままじゃ寂しいかな」「宇田川さんって、こんなに明るい色の絵を描く人だったんだなぁ。印象派のような画風も。絵で人となりを表現するのいいなぁと思う。そこにいるだけでいいという存在だから、姿を現さない演出もとても良かった」「宇田川さんのノック音4回は何だろう?『さよなら』かな?『がんばれ』かな?」「菜津さん、宇田川さんから絵のプレゼント。ノックしてくれた!(4回だからサヨナラかな?バイバイかな?)」などの声が続出。

 放送終了後(午前9時)には「宇田川さん」がツイッターの国内トレンド14位に入る反響を呼んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月28日のニュース