蛍原徹 雨上がり解散“考え直して”の声に「さんまさんに言われると重いんです」

[ 2021年9月22日 08:41 ]

蛍原徹
Photo By スポニチ

 元・雨上がり決死隊でお笑い芸人の蛍原徹(53)が20日深夜放送のMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演。MCを務めるお笑いタレントの明石家さんま(66)に、解散を巡って“お願い”され、タジタジになる場面があった。

 番組内ではさんまとマッチングする若手芸人コンビを探す企画を実施。冒頭でさんまは「ひとりぼっちになってるやつおるやん」とツッコミを入れると、蛍原は「何が起きるか分からんよ。(元相方と)マッチングしたのにね…」と返答した。そして、さんまは「蛍ちゃんこんな時にあれやけど、もういっぺん考え直してもらわれへんか?」と頭下げると、蛍原は「もうだいぶ考えました」とピシャリ。さんまは「これはコンビにしか分からない。各々、人間ちがうからな」とコメントした。

 続いて、さんまは「次長課長」井上聡(45)に、「お前のとこも不祥事あったやんか。井上あの時、どういう心境やったん?」と、相方・河本準一(46)の過去の騒動について聞くと、「別に僕は何とも思わなかったですね」と説明。さんまは「帰ってきたら帰ってきたで頑張ろうとそういう気持ちやったんか」と思いやり、再び蛍原に「そんな気持ちになれんか?」と投げかけた。これを聞いた蛍原は「もう、さんまさんに言われると重いんです」と話し、スタジオの笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月22日のニュース