内村光良 26年前のANN振り返り 相方・南原清隆に「本当に頼ってばっかりだった」

[ 2021年9月18日 11:04 ]

ウッチャンナンチャンの内村光良
Photo By スポニチ

 「ウッチャンナンチャン」の内村光良(57)が17日深夜放送のニッポン放送「内村光良のオールナイトニッポン」(深夜1・00)に出演。相方・南原清隆(56)とパーソナリティ―をやっていた頃を懐かしんだ。

 内村が単独でANNのパーソナリティーを担当するのは2019年5月以来、2年ぶり2回目。コンビとして1995年まで6年間、パーソナリティ―を担当していた「金曜1部」に26年ぶりに一夜限りの復活を果たした。

 タイトルコールからのおなじみのジングルが流れると「いや、懐かしいね。この音ね…」としみじみ。「南原とやってた時は6割、7割、話は南原に任せてましたから。私、本当に進行だけに徹して。こんなしゃべれるようになりました。まあ、30年も経てば、少しはしゃべれるようになりました。本当に頼ってばっかりだったから。提供読みに命かけてる感じでしたから」と懐かしんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月18日のニュース