吉村知事「20代、30代にワクチンを…」 接種促進の起爆剤になるか!? 抽選で景品贈呈へ

[ 2021年9月17日 19:29 ]

大阪府の吉村知事
Photo By スポニチ

 大阪府・吉村洋文知事は17日、府庁で囲み会見に応じ、20~30代のワクチン接種を促進するため、接種した人に抽選で景品を贈呈するインセンティブ制度を設けると発表した。全国で初めての事例となる。

 インセンティブとなる景品については「税金を投入しないやり方で進めたい」というのが基本的な考え方とした。さらに「民間から募集して賛同していただける、あるいは協力していただける民間の寄贈品や提供品をインセンティブの中身とします。20代、30代の方にワクチンを広げていく、推奨していく情報をどんどん提供していきたい」と意図を口にした。

 その後、吉村知事はテレビ大阪の報道情報番組「やさしいニュース」(月~金曜後4・40)に出演。景品について、「いろんな企業に声かけしていく。10月頭には発表したい。目玉になるものがあれば…と、水面下で動いています」と話した。

 対象者は11月末までにワクチンを2回接種済の20代、30代の大阪府内在住者。対象期間内に府公式ツイッターアカウント(@osakacoronaV)をフォローの上、キャンペーン用のツイートをリツイートした人の中から抽選で景品をプレゼントする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月17日のニュース