×

藤井2冠が永瀬王座を撃破 竜王戦に初挑戦「思い入れある」

[ 2021年8月31日 05:30 ]

<第34期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局>初手を指す藤井聡太二冠(左)と永瀬拓矢王座
Photo By 代表撮影

 将棋の第34期竜王戦挑戦者決定3番勝負は30日、東京都渋谷区の将棋会館で第2局を行い、先手の藤井聡太2冠(19)=王位、棋聖=が77手で永瀬拓矢王座(28)を下し2連勝で7番勝負初出場を決めた。10月8日に東京都内で開幕する7番勝負では豊島将之竜王(31)=叡王との2冠=に挑戦する。

 午後6時の夕食休憩前に、大差がついていた。「乱戦模様で難しい将棋でした」と振り返る藤井の言葉とは対照的な快勝劇。棋界四天王の一角を占める強敵を相手にあっさり連勝で決着をつけた。

 「最高峰の竜王戦に挑戦する機会を得られたのは光栄です」と喜びを語る藤井。2016年のクリスマスイブのプロ初戦(対加藤一二三・九段)、デビュー以来無傷の29連勝を達成した17年6月26日の増田康宏四段戦、「7七同飛車」で升田幸三賞を受賞した18年6月5日の石田直裕五段戦と、日本中を興奮させた好局はいずれも竜王戦だ。「デビュー以来いい経験をさせてもらった。竜王戦は自分にとっても思い入れのある棋戦です」とにこやかに明かした。

 その7番勝負。相手はまたも豊島だ。王位戦では4勝1敗で防衛したものの「王位戦での反省を踏まえて竜王戦を戦いたい」と一見不思議な意気込みを示す。その理由は「序盤から(豊島に)後れをとる展開があった。勝負と内容は別。今回はそれを反省しないと厳しい」。勝っても高みを目指す姿勢に一切のぶれはみられない。

 9月13日には叡王戦最終局が待つ。ここで豊島叡王を下せば史上最年少3冠が実現し、竜王戦では19歳にして4冠の可能性もある。突っ走る藤井を止めるすべはどこにあるのだろうか。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年8月31日のニュース