吉岡里帆 空腹気付かず倒れそうに… まさかの“スペルミス”も発覚し動揺「ヤバいですね」

[ 2021年8月22日 22:49 ]

吉岡里帆
Photo By スポニチ

 女優、吉岡里帆(28)が22日放送の日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。彼女の「天然」な性格が明らかになる場面があった。

 自身に絵心がないことが悩みと吉岡。「壊滅的に絵が下手で。絵を描ける人への憧れもあって、漫画とかイラストが好きなんだと思う」と語った。この話の流れで、レギュラー出演者・森泉(38)の似顔絵を描くことになり、披露。まずまずのクオリティーだったため「特徴はなんとなくとらえている」の言葉がスタジオに響いたが、まさかのミスが発覚。森の名前「IZUMI(いずみ)」をローマ字で記すも、「INUMI(いぬみ)」になっていた。そのことを指摘された吉岡は、「あ、違う…。すいません、すいません。え!?ちょっと私疲れているかも、ヤバいですね」と苦笑しきりだ。

 その後、両親から「ど天然はママに似ました、努力バカはパパ似です」「空腹に気付かずに倒れそうになったり、花火が楽しすぎて熱が出るほど全身蚊に刺されて寝込んだり、おっちょこちょいではないのですが、タガは外れています」との情報が寄せられた。吉岡は空腹のエピソードに関して話を振られ、「例えば仕事していますとか、何か遊びに行きますとか、1個をやるとこうなりすぎて(集中しすぎて)、他の事を忘れちゃうんだと思います。なので同時進行が得意じゃないですね」と打ち明けた。

 努力家な一面については「自分ではこれが普通という感覚」と謙そん。バラエティー番組に出演し上手く話を切り返せないと、帰りの車の中で反省するそうで、共演者に「もうちょっと自分を楽にしてあげてください」と気遣われた。同様のケースで反省する?と水を向けられた森は「え、するわけないじゃん」と即答し笑わせ、「もっと気楽にやりな」と吉岡にアドバイスしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月22日のニュース