V6岡田准一、25年間6人で続けられたことに感慨「仲良くやってます、幸せなこと」

[ 2021年7月17日 18:30 ]

V6
Photo By スポニチ

 V6が17日放送のTBS「音楽の日」(土曜後2・00)に生出演し、ファンに感謝の思いを告げる場面があった。

 結成26年となる11月1日で解散することを発表しているグループは、今回が最後の「音楽の日」出演となる。司会の中居正広(48)が、番組のテーマにかけて「Wa!(和)を感じること」を問いかけると、坂本昌行(49)は「最近メンバーと一緒にいる時間が長くて。リハーサルや楽屋でも岡田(准一)が写真を撮ってくれるんです。そういう意味では、和を感じますね」と、笑顔を見せた。

 一度もメンバーの変更がないまま、活動を継続できたことについて、岡田は「仲良くやってます。いいですよね、本当に。幸せなことだと思います」と、感慨深げに話した。三宅健(42)は「本当にファンの皆様がいてくれたから、ここまでやってこれたと思うので。きょうも生放送で繋がってるっていうのは嬉しいですね」と、語った。

 コロナ禍の影響について聞かれた森田剛(42)は「本当に(ファンと)会えないですね。でも、こうやってテレビを通じてパフォーマンスを見ていただくってのは、嬉しいなと思います」。メンバーたちが感謝の思いを告げる中、「さて、長野(博)くん、朝ごはんは何を?」と、中居がまさかの“変化球”。戸惑う長野に、中居は「本当にごめんなさい、聞くことがなくて…」と、いじり倒し。しかし、長野は「差し入れのサンドイッチ、ありがとうございました」と、大人の対応を見せて笑わせた。

 最後に井ノ原快彦(45)が「今までも思ってなかったわけじゃないですけど、皆様の前で歌わせていただくことは、本当に幸せなことだと思っています。(幸せを)噛みしめます」と、パフォーマンスに臨んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月17日のニュース