小林礼奈 ラーメン店騒動で店側と相互謝罪「本当に大ファンなので、これからも通いたい」

[ 2021年6月11日 18:09 ]

小林礼奈インスタグラム(@kobayashi_ayana0218)より

 お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎(42)の元妻でタレント小林礼奈(29)が11日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)にVTR出演し、自身のブログに投稿したラーメン店での食事をめぐる騒動について語った。

 人気ラーメン店に娘や友人ら4人で食事に行ったところ、食事の遅さをめぐりトラブルがあり、肩身の狭い思いをしたことを告白。今月5日の投稿で、「次に待っていた子連れファミリーの親に“遅えよ”って言われまして。しかもまだ食べている途中に それから店員さんが来て“すいません、次の方たちが待っているので”と言われ」と、ラーメン店の実名を出しながら退店に至ったいきさつをつづっていた。

 番組で小林は、「『おせえよ、早くしろよ。チッ』みたいな、こんな感じです。本当、威圧的でした」と、客からかけられた言葉を再現。一連のトラブルをブログに掲載した理由については、「『本当にいづらいなと思って、帰ろうっていう状態になりました』というのを、悔しくて書いちゃいました」と釈明した。

 店名を出したことに関しては「実名を出しちゃったのは今回、初めてで、実名は出しちゃいけなかったなとは(思った)」と反省。「今回も私のアンチとかが、あることないことでお店に対してクレームを付けていたみたいで、お騒がせしちゃったというところで、申し訳ないなと思っています」と謝罪した。

 SNS上には、小林への誹謗中傷だけでなく、接客態度に対してラーメン店にも批判の声が上がった。ラーメン店の社長も同番組の取材に答え、「これは明らかにうちのミスだと思いました。飲食店で、食べている最中に『お席よろしいですか?』なんて(声を掛けることは)ありえない」と落ち度を認めた。

 小林は、番組の取材中に同店の社長と直接、電話で会話。双方が謝罪した上で、小林は「本当に大ファンなので、これからも通いたいです」と社長に伝えたという。社長も「今後これを反省のきっかけとして、お客様についてもらえるような店を目指します」と話したといい、双方の間で騒動にピリオドを打った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月11日のニュース