加藤浩次 スマホに手を伸ばす自身にツッコミ「怖いのかな」「トレンド知って何になる」

[ 2021年6月11日 17:06 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(52)が10日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演。ついついスマホに手を伸ばしてしまうと明かし、「なんなんだろう」と自らにツッコミを入れた。

 相方・山本圭壱(53)が4月にスマホを紛失し、3日間ほど手元にない生活を送ったことを告白。「ストレスフリーだった、何もやりようがないから逆に」と語った。加藤は「携帯ってなくなるとストレスだったって気付くって確かにあるかもな」と話した。

 スマホが無い時代。加藤は初デートの待ち合わせ場所で2時間待つも、女性が来なかったと振り返り、「色んなこと考えるよ」と懐かしそう。「そういうことないんじゃない?」と若い世代の共演者に尋ねると、空き時間は「携帯いじっちゃう」との言葉が。

 加藤も思い当たる節があったようで、「携帯いじるでしょ。何を怖がっているんだろうね。自分でも思うんだけど何でネットニュースとか見ているのって。そんなに(情報を)欲しがっているのかって。でも見ている自分がいるでしょ」と漏らした。

 ついついスマホに手が伸びてしまう自身に困惑しているとし、「自分の感情ってあれ、なんなんだろう」。情報に触れていないと怖いのでは?と指摘され、「怖いのかな、世の中についていきたいのかな。トレンド知って何になるのかな。俺も分からない」と吐露。

 続けて「俺も見ちゃうのよ、パッて。ラインニュースとか。見だすとどんどん見ちゃって、俺は何をしているんだってこれって、なんなんだろう」と戸惑いを口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月11日のニュース