加藤浩次 第一印象・髪形が重要論に納得「下ろしたら誰か分からない」大物タレントとは

[ 2021年6月11日 16:22 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(52)が10日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演。人の第一印象についてタモリ(75)のエピソードを交えてトークした。

 リスナーから「第一印象は3秒で決まると言いますが、みなさんはどこを見ていますか?」とのメッセージが届いた。加藤は「やっぱり目だね。服も大事って言うよね」と話した。共演者が「人の印象の9割は髪形みたいに言うこともありますもんね」とコメント、それぞれのヘアスタイルがイメージとして残ると主張した。

 この意見に対して「確かに、それあるかも」と応じた加藤。南海キャンディーズ・山里亮太(44)が「おかっぱ頭」と例に挙げ、「タモさんはオールバックじゃん。下ろしたら本当に誰か分からないから。(笑って)いいとも終わりで、いつも頭洗うんだもんな」とコメントした。相方・山本圭壱(53)が「サラサラヘアで出てくる」と応じると、加藤は「洗ってドライヤーかけて下ろして普通に来るから、誰か分からない」と振り返った。

 タモリとゴルフに行った経験があるという山本は、「その時もサラサラヘアで誰も分からない。タモさんって言って初めて分かる感じかな」と明かした。

 「髪形ってあるのかもな、言われてみたらそうかもな」と納得した加藤。タモリが「笑っていいとも!」でゲストに聞いていた「髪切った?」のセリフを持ち出し、「タモさんの『髪切った?』ってすごいいい言葉なんだよね、俺はお前のこと見ているよって」と、しみじみ話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月11日のニュース