フジ女子アナのステマ疑惑「該当しない」も局側見解は「就業規則に抵触」「放送人の自覚問われる行動」

[ 2021年5月29日 05:30 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビは28日、同局の女性アナウンサー数人にステルスマーケティングの疑いがあるなどと一部で報じられたことについて「外部の弁護士も入れたヒアリング調査を実施し、社員就業規則に抵触する行為が認められた」と発表した。厳正に対応したとしている。

 「“対価性があるのではと疑われるような行為”は、放送人としての自覚が問われる行動」とする一方「ステマには該当しない」との見解を示した。定例会見はコロナ禍により中止され、ラジオ・テレビ記者会からの質問に同局が書面で回答した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月29日のニュース