石田純一、娘・すみれが“文化の子”といじめられた過去「でも、子どものための人生でもないし…」

[ 2021年5月24日 18:16 ]

俳優の石田純一
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(67)が22日に自身のユーチューブチャンネルを更新。自身の「不倫は文化」発言がきっかけで、いじめを受けた子どもにかけた言葉を明かす場面があった。

 スタッフから「率直に不倫はありorなしですか?」と問われた石田。「ありかなしかで言えば『やめた方がいい』と、いつも言ってますね。○か×かで決められないですね、△で良いんじゃないですか?でも、やっぱり幸せになってるのは見たことないですね」とうなずく。

 「もし不倫がバレたら、子どもに何と声をかける?」という質問には「聞かれたら『ごめん』とか、そういう感じですね。わざわざ『おい、ちょっとこっち来て。今回ごめんな』みたいなことは、言うかもしれないけど…自分の息子だったら、同じ男だから言いやすいかな。女子は『すごく許せない!」っていう反応になるかもしれないじゃないですか。逆に『お母さん側について、お母さんを慰めてね』みたいな」と回答した。

 「すみれに聞いたことあるんですけど、学校で『(不倫は)文化の子』って、随分いじめられたらしいんです。『ごめんねパパ、今色々と逆らったりして。でも、反抗期のときパパはいなかったからね』」と、言われたことがあったそうで「でも、子どものための人生でもないし。『すみれのお父さんの人生も色々とあって…でも寂しい思いさせちゃってごめんね』って、伝えましたね。それは笑いながらとかじゃないんで」と、振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月24日のニュース