アインシュタイン稲田 NSC時代悩みすぎて「もういっちょハゲました」 原因はあの先輩芸人?

[ 2021年5月12日 13:31 ]

「アインシュタイン」の稲田直樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アインシュタイン」の稲田直樹(36)が11日深夜放送のABCテレビ「これ余談なんですけど…」(火曜深夜1・38)にゲスト出演し、NSC時代の話を披露した。

 MCのお笑いコンビ「かまいたち」濱家隆一(37)山内健司(40、相方の河井ゆずる(40)はNSC26期生でお笑いコンビ「和牛」や「藤崎マーケット」と同期。「華の26期生」と呼ばれていた。2年後輩だったという稲田は「怖かった、緊張してた。濱家さんが特に厳しいイメージ」と当時を回顧。「ボケで経験値も違うし、ライブで一緒になったら目立たれへん。でも河合さんとコンビを組んでるからそんなん言ってられへん、けどなんにも出来へん」と当時の葛藤を告白。悩みすぎて、「もういっちょハゲました」と明かし、スタジオを沸かせた。

 濱家からは、風紀面の徹底や「稲ちゃん、人のボケで笑わへんなっていうのを指摘してもらいました」と明かした。濱家は「覚えてないけど、言いそう」と笑みを浮かべ、「ためになります」と稲田は感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月12日のニュース