ホリケン “本当の宿敵関係”だったお笑いコンビ明かす「もうだめだ、勝てない」

[ 2021年5月12日 12:08 ]

「ネプチューン」の堀内健
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「ネプチューン」の堀内健(51)が11日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜後11・15)に出演。ライバル的な存在だった、お笑いコンビを明かした。

 宿敵は誰?という質問を受けた堀内は「昔は、お笑いライブとかでネプチューンが1位のときがあって。でもあるとき、全然勝てなくなってきたグループがいた。それが、くりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)だった」と告白。「もうだめだ、勝てない」と敗北感を抱いたほどだった。

 当時、ネプチューンがMC、くりぃむしちゅーがロケサポーターとして参加していた番組があった。冠番組ということで、当初はネプチューンの方が人気があったが、徐々にくりぃむしちゅーの方が「ウケて、人気が出てきた」。スタジオの観覧客も、くりぃむしちゅーが登場したときの方が沸くように。その瞬間に「追いつかれた」と感じたという。「向こうは、どう思っているか知らないけどね」と続けると、共演者のお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇(40)は「本当の宿敵ですね」と驚いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月12日のニュース