入院中の渡辺徹 病床から医療従事者に感謝「本当に皆さんには頭が下がる」

[ 2021年5月6日 18:00 ]

俳優の渡辺徹
Photo By スポニチ

 大動脈弁狭窄(きょうさく)症で入院中の俳優の渡辺徹(59)が6日、自身のブログを更新し、医療従事者への感謝の思いをつづった。

 1日のブログで、本格的な処置はゴールデンウイーク明けになることを明かしていた渡辺。この日は「ゴールデンウィークが明けた。ずっと病院にいるのだが、病院も救急外来以外は基本的に休みになるので主要な検査などはなく暇との闘いだった」とし、「持ち込んだiPadで映画を見たり、デジタルブックを読んだりするのだが、気がつくとすぐに寝てしまう」と現状を報告。

 続けて「そんな中、病棟の看護師さんは休みなく24時間稼働している。ましてや世の中コロナ禍 本当に医療従事者の皆さんには頭が下がる」と、医療従事者への感謝の思いをつづった。

 ブログ更新にファンからは、「今の徹さんの様子が分かってよかったです」「入院しないと病院院内の事は分かりませんが徹さんのおかげで知り得た事がありました」「医療従事者の方々には、ほんと感謝しかないです」「感謝しても足りないくらいだと思います」「ゆっくり暇を満喫してくださいね」「検査で忙しいと思いますが頑張ってくださいね」「しっかり安静にして、無事に退院なされる事がいちばんの手助けですからね~」「1日も早くお元気になりますように」など、コメント欄には激励と、医療従事者への感謝の声が相次いでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月6日のニュース