高嶋ちさ子、怒り心頭 愛犬の扱い方への非難の声に「シャレもわからない…とっととネロ」

[ 2021年5月6日 08:48 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストでタレントの高嶋ちさ子(52)が5日、自身のインスタグラムを更新し、愛犬に関するフォロワーからの批判コメントに怒りをあらわにした。

 次男の息子の歌をバックに、“シンバごっこ”で愛犬ネロとじゃれ合う動画をアップした高嶋。先月、家族に迎えたばかりの「シュナウザーとプードルのmixの女の子」というネロについてさまざまな声が寄せられているようで、「皆様から色々ご心配やご指摘を受けておりますが、うちの子になるのにまず大きい音が嫌いとかありえないです」としたうえで「初日から騙し騙し、ヴァイオリンやチェロ聴かせてますが、最初大人しい子だったのですが、めっちゃ元気になりました。もちろん歌が趣味の息子の歌は毎日聴いています。嫌がってる風はないです 今はヴァイオリンの爆音を隣にすやすやです」とつづった。

 “シンバごっこ”に対しても批判の声があったようで「シンバごっこの抱き方についてですが、私がこれで5分も10分もやるわけがないでしょ」と納得いかない様子。「私はこれでもゴールデンレトリバーを12年飼いました。犬の学校にも通ってたし、犬種は違えど沢山勉強したし今回はミディアムサイズと言うことで、ブリーダーさんから色々教えていただきました。犬種によって色々違う事もあるので」と続けた。

 「犬の勉強しろとか、虐待とか言うなら、ネロともう遊べない。子犬同士が戯れてるのだって結構際どいのいっぱいあるし、遊ぶときは本気で遊んであげなきゃ、犬だって面白くない。やっちゃいけない事、犬の嫌いな事わかってるっつーの。私のやる事にいちいち文句を言うなら、フォロー外してください」と怒り心頭。「本当にシャレもわからない人ばっかで、せっかくの1日が不愉快になります」とつづり、「しばらくネロは封印します とっととネロ」と締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月6日のニュース