ぺこぱ松陰寺 すっぴんで和田アキ子と遭遇も…「今年1番緊張しました」

[ 2021年5月2日 15:45 ]

ぺこぱの松陰寺太勇
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ぺこぱ」の松陰寺太勇(37)が2日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に出演。同番組のMCで歌手の和田アキ子(71)とすっぴんですれ違った時のエピソードを披露した。

 ぺこぱの2人は情報雑誌「東京カレンダー」の寿司特集に登場したことを報告。特集は「表参道で鮨、悪くないだろう」というタイトルで、松陰寺はトレードマークの紫メイクを封印、イケメン風に黒い服に身を包み、美女とグラスを傾けながら食事を楽しむ様子を披露した。

 誌面に添えられたのは「彼女の記憶を、最高の夜で上書きした」というキザなセリフ。番組MCで歌手の和田アキ子(71)から「どういうイメージを持ってこういう姿を演じるの」と問われ、松陰寺は「(撮影時のメイクの時は)キャラになりきれていないので、めちゃくちゃ恥ずかしい。格好つけていいものか…。途中まで紫のメイクをしたくてしょうがなくて…」と心境を吐露。「照れちゃうんですよ。(紫のメイクだと)落ち着くんですよ」と打ち明けた。

 さらに松陰寺は「前に、すっぴんでアッコさんと廊下ですれ違った時も、ほんとに今年1番緊張しましたよ」と告白。「誰だか分かってもらえてないし、何て言おう…」と対応に困ってしまったという。和田も松陰寺だとは気付かなかったようで、「全然分からなかった。やっぱりそういうのあるんだね」と目を丸くしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月2日のニュース