前園真聖 東京五輪は「やるべき」も「国と都が本当にやりたいのか メッセージ性が何もない」

[ 2021年5月2日 10:59 ]

前園真聖氏
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表でタレントの前園真聖(47)が2日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。開催まで3カ月に迫った東京五輪について見解を示した。

 女優の寺島しのぶ(48)は「私はものすごくスポーツ観戦大好きだし、日本で(五輪が)されるってなって、あの時の盛り上がりはすごかった」としながらも「自分の熱がどんどんどんどん下がっていっちゃって。近々だと、池江さんがオリンピック確定したり、松山さんが優勝したりとか、バーッと熱が行くはずなのに…なんか別腹っていうか、コロナさえなければってずっと思っていて」と厳しい表情。「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大(34)は「僕らは舞台をするにあたって1カ月強準備して舞台に立つ。選手は4年、今回は5年準備している中で、選手の方に意見とは聞いているのかな。裏で話し合いとかでされているのかなっていうのが(疑問)」と見解を示した。

 そんな中、アスリートして意見を求められたサッカー元日本代表でタレントの前園真聖(47)は「(東京五輪は)やるべきだとは思っています」としながらも「国と都が本当にやりたいのかっていう意志が見えない」と指摘。「無観客でも何が何でもやるから皆さん、協力してくださいっていう、メッセージ性が何もない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年5月2日のニュース