プロ雀士・馬場裕一氏 がん闘病告白「負けない負けない負けない…明日も闘う!」

[ 2021年4月7日 10:54 ]

 「バビィ」の愛称で知られる、麻雀ライターでプロ雀士の馬場裕一氏(61)が6日、自身のツイッターでがんの闘病を告白した。

 馬場氏は「私、馬場裕一は、2月頭から癌と闘っております」と告白。「外来による化学療法に変えてまで最強戦へ出場したかったのですが、夢叶わずでした。これまでご迷惑をおかけした仕事関係の皆様、病状を隠していて申し訳ありません」と公表を控えていたことを謝罪したうえで「心が挫けそうになるけど、負けない負けない負けない…明日も闘う!」と克服への強い思いをつづった。

 馬場氏は2日に投稿で「体調悪化で4月10日の最強戦を辞退させていただきます。まことに申し訳ありません」と「麻雀最強戦2021」への出場辞退を表明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月7日のニュース