橋田さん訃報にネット悲痛「もう渡鬼の続き、見られないんだね」「田中邦衛さんに続いて橋田さんまで」

[ 2021年4月5日 18:32 ]

脚本家の橋田寿賀子さん
Photo By スポニチ

 「おしん」「春日局」「渡る世間は鬼ばかり」などテレビ史にさん然と輝く名ドラマを数多く手掛けた脚本家で劇作家の橋田寿賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎寿賀子=いわさき・すがこ)さんが4日午前9時13分、急性リンパ腫のため死去した。一般財団法人「橋田文化財団」が5日、発表した。95歳。韓国ソウル生まれ。「橋田ファミリー」と呼ばれる俳優たちとの堅い結束でも知られた。

 数々の名ドラマを生み出した橋田さんの訃報にインターネット上には追悼の声が続々と上がり、「渡鬼」ファンからは「渡鬼の新作はもう出来ないんだな」「もう渡鬼の続き、見られないんだね」「またスペシャルやるの楽しみにしてたんだけど…残念」「日向ちゃんの結婚話はどうなる予定だったんだろうなぁ。。。」と悲痛な声が。また、「橋田先生逝去のニュースでうちのばあちゃんがめっちゃショック受けてる」といった声のほか「田中邦衛さんに続いて橋田さんまで」と3月24日に老衰のため亡くなったことが4月2日に発表された俳優・田中邦衛さん(享年88)に続く訃報にやりきれない声も相次いだ。

 また、2014年まで放送されたフジテレビ「笑っていいとも!」で中居正広(48)、香取慎吾(44)と共演し、橋田さんが書いたTBS開局60周年記念ドラマ「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」(2010年)で草なぎ剛(46)が主演を務めるなどメンバーと交流が深く、SMAPのファン、応援団長と公言していただけにSMAPファンからの「SMAPを愛してくださりありがとうございました」「本当に感謝しています」などという声もあった。

 橋田さんは今年2月下旬、急性リンパ腫の治療のため都内の病院に入院。3月中旬に自宅のある静岡県熱海市内の病院へと移り治療を続けていた。今月3日に熱海市内の自宅に戻り、4日午前、息を引き取った。故人の遺志により、通夜・告別式は執り行わず、5日に荼毘に付されたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月5日のニュース