大原優乃「うっせぇわ」と感じたこと…共演者・スタッフの一言にチクリ「我慢してほしいな」

[ 2021年3月1日 22:54 ]

大原優乃
Photo By スポニチ

 元「Dream5」で女優の大原優乃(21)が1日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。スタッフや共演者が漏らす一言にテンションが下がると打ち明けた。

 番組では18歳の女性シンガー・Adoの楽曲「うっせぇわ」が話題になっていると取り上げた。同曲について意見を求められた大原は、「いろんな人がSNSでアップしているのを見て、かわいい女の子とかが普段使わないような言葉を口ずさんでいるギャップが面白いなと思いました」と語った。

 その後、MCを務めるフリーアナウンサー・垣花正(49)が「優乃ちゃんが今うっせぇわって思っていることは?」と質問した。大原は周囲の“小言”が気になるそうで、「お仕事中とか現場で『疲れた』『暑い』『寒い』とかをたくさん言われちゃうと、もうちょっと我慢してほしいなって思っちゃいます」と告白。「(番組に)出ている人でも裏方の方でも気になっちゃいますよね」と続けた。

 タレント、井上咲楽(21)はこのテーマに「飼っているコオロギがすごいうっさいんですよ」と明かすと、フリーアナウンサー・大島由香里(37)が挙手。「私は共感します。(コオロギを)トカゲの餌で飼っていたので夜中すごいうるさいんです、分かります」とうなずき、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月1日のニュース