茂木健一郎氏 豊洲市場でアルバイトの渡部にエール「落語『芝浜』を連想…がんばって!」

[ 2021年2月22日 14:53 ]

脳科学者の茂木健一郎氏
Photo By スポニチ

 脳科学者の茂木健一郎氏(58)が22日、自身のツイッターを更新。東京・豊洲市場でアルバイトとして働いていることが分かった、不倫騒動で活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建(48)にエールを送った。

 「お酒で持ち崩している魚屋さんが朝早く河岸に行って財布を拾うところから始まる落語『芝浜』を連想。立ち直った魚やさん、もともと腕がよかったので店を持つまでに。渡部さんがんばって!」と記している。

 芸能関係者によると、再び社会生活を送るきっかけをつくったのは、渡部に裏切られながらも支え続けている妻で女優の佐々木希(33)。渡部は、昨年6月に複数女性との多目的トイレでの不貞行為が発覚し、芸能活動を自粛。不倫について公の場で説明しないまま日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」での復帰計画が先立ったこともあって、昨年12月に謝罪会見を開いたが、批判の声はやまず活動復帰できていない。

 市場での仕事は深夜0時すぎから翌朝までのハードワーク。残業で帰りが午後になることもあるという。市場関係者は渡部について「周りの目を気にすることなく一生懸命働いている。当初はイメージも良くなかったけど、見直した」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月22日のニュース