松本潤の大河ドラマ決定に嵐メンバー大喜び 大野&二宮そろって「見るでござる」と返信 櫻井が明かす

[ 2021年2月20日 22:50 ]

「嵐」の櫻井翔
Photo By スポニチ

 「嵐」の櫻井翔(39)が20日、“局長”の肩書でメーンキャストを務める日本テレビ「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜後9・00)に出演。この日、ゲスト出演したメンバーの相葉雅紀(38)と2人で“嵐トーク”に花を咲かせた。

 羽鳥慎一アナウンサー(49)が「きょう1時間、嵐の話でいいんじゃないの?」と話し出したオープニングトーク。櫻井が「オレもさ、“嵐感”だなと思って(モニターで)2ショット見たんだけど、オレだけニュースキャスターみたいな…」と紺色スーツにネクタイをきっちり締めた自身の姿に苦笑いを浮かべると、相葉も笑顔。相葉は自身が正月に体調を崩した時の話として「いろいろ差し入れ、うちのマンションに送ってくれたりして」と感謝した。これまでお互いの住所は教え合っておらず、何か送る際には事務所宛てにしていたが、相葉が体調を崩したことから住所も交換。櫻井は差し入れを持って相葉の自宅マンションまで行ったこともあったそうで「管理人さんがびっくりしたんじゃないかと思って」と回想した。櫻井によると、相葉のマンションの受付で行き先の部屋番号と名前を書き込んだ際、それまで気づいていなかった管理人が驚いた表情を浮かべたそうで「言えば分かると思うんで」と言うと「分かるでしょうねぇ…」と返されたと笑わせ、相葉も「ウーバーイーツみたいに来た!」と嬉しそうに振り返った。

 そして、松本潤(37)が2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で主役の徳川家康を演じることについて「メチャクチャうれしかったのよ」と櫻井。担当マネジャーからメンバーへは「きょうは皆さんに大きなニュースがあります」との書き出しで発表直前にメールが一斉送信されてきたそうで「大野さんとかニノとか『見るでござる』『見るでござる』って書いてあって…」と楽しそうにメンバーの喜びぶりを明かした。この告白にお笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(48)も「なんかうれしくなるね」と目を細めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月20日のニュース