西川貴教「苦しい」声上げても批判が…「心ズタボロ」 コロナでエンタメ業界大打撃 

[ 2021年1月25日 14:01 ]

西川貴教
Photo By スポニチ

 歌手の西川貴教(50)が24日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「もう必要とされていないのかな」と落ち込んだ出来事を打ち明けた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月に出演予定だったイベントが延期や中止になっていると告白。コロナ禍で中止、延期になったイベントの事業者を支援する政策もあるが「こんなさ中に人を集めて何かしようと思ったお前らが悪い。国に助けてもらうな」という批判も上がっているそうで「なかなか手を挙げづらい状況になっている気もする」と苦しい現状を明かした。

 イベント自粛を始めてから約1年。「出る側の人間もそうだけど、支えてらっしゃるスタッフさんとかが厳しい状況」だというが、「苦しい」と声を上げると、ネット上には「お前らだけやないやろ」「偉そうなこと言うなよ」と厳しいコメントが並ぶといい、西川は「コメントを見ると心がズタボロになります。もう必要とされてないのかなって気持ちになっちゃいます」と嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月25日のニュース