田中みな実、弘中アナと“デュオ”結成!? 習得目指すはあの懐メロ「お食事会で使えるね」

[ 2020年11月29日 15:40 ]

弘中綾香アナ(左)と田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー、田中みな実(34)が29日放送のテレビ朝日「あざとくて何が悪いの?」(土曜後9・55)に出演。同局・弘中綾香アナウンサー(29)と「習得」を目指している楽曲について語った。

 今回は女性が披露する“あざとカラオケソング”として、NiziU「Make you happy」、ピンク・レディー「渚のシンドバッド」(1977年)の2曲を紹介。話題のアイドル最新ソングと、ギャップでイジられたい懐メロ、双方の魅力に関してトークを展開した。

 田中は「渚―」の振り付けがお気に入りのようで、跳ねるように踊る場面では「ぴょんぴょんカワイイ」とニッコリ。歌詞の「もう あなたにあなたにおぼれる」にも、あざとさを感じるそう。弘中アナも同調し「見せ所がたくさん」と話し、ウケが良いと強調した。

 「渚のシンドバッドは『習得しようね』って、弘中ちゃんと」と田中。“完コピ”を目指す真意を質問した番組MC・山里亮太(43)に対して「お食事会で使えるね」と返し、キャラ全開で盛り上げた。弘中アナは、ピンク・レディーの名前を引き合いに出し、「ケイちゃんとミーちゃんで」とノリノリの様子。田中は「いいね、最高だね」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月29日のニュース