菅田将暉「半沢直樹」視聴率に驚がく「やりすぎ。限度あるもん」「1回でいいからそんな数字叩き出したい」

[ 2020年9月29日 16:34 ]

俳優の菅田将暉
Photo By スポニチ

 俳優、菅田将暉(27)が28日深夜放送のニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」(月曜深夜1・00)に出演。27日に放送された堺雅人(46)主演のTBSドラマ「半沢直樹」の最終回(第10話)視聴率に、驚きの声を上げた。

 最終回は平均世帯視聴率32・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、NHK、民放を通じてドラマの視聴率が30%を超えたのは、13年に放送された前作の最終回(42・2%)以来となり、令和では初だ。昨今「連ドラは10%を超えれば成功」といわれる中で圧倒的な結果を残した。

 菅田は「半沢直樹最終回、視聴率32・7%ですって、やりすぎやりすぎ」と第一声。「32%、それは欲張り過ぎよ。凄いけれど、30%を超えたらちょっともう下品、逆に。限度があるもん、凄いって」とユーモアを交えながら驚嘆し、「そんないかれたら、ちょっとね。1回でいいからそんな数字叩き出したいな」と漏らした。

 「今の時代、ドラマ界では10%を超えたら凄いいっぱい見てもらえましたねって世の中ですよ」と、自らの口で説明。昨年主演した日本テレビの連ドラ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」の最終回が15・4%(同)をマークした際は「うゎー、凄い。良かったねってなった」と振り返り、「昔でいう30%が10%パーセント後半って時代なんです」と話した。

 菅田は「半沢直樹」を見ていないそうで、「なんならシーズン1から見ていません」。理由については自身の性格を引き合いに出し、「なぜなら、めちゃくちゃ尖っているから」と説明した。「世間で盛り上がれば盛り上がるほど、みんなが見るほど、流行れば流行るほど距離を取りたくなる、それが菅田将暉だから」と、クールに語った。

 その後「そんなんどうでもいい、流行っているとか」と重ねるも、「俺、自分じゃ止められないんだよ。誰か何とかしてくれよ、何だよこの性格~」と自虐コメント。「流行っているもの見ろよ!見て『あー』ってなれよ。見ずにワーワー言うなよ」と自身にツッコミを入れてスタジオの笑いを誘い、「頑張ろ」と気を引き締めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月29日のニュース