安浦刑事ならぬ浦安刑事で…原田泰造主演、令和に新たな「はぐれ刑事」登場!

[ 2020年9月29日 05:00 ]

はぐれ刑事三世 主演・原田泰造 ( 2020年9月29日 )

「はぐれ刑事三世」主演の原田泰造
Photo By 提供写真

 テレビ朝日は10月15日に刑事ドラマ「はぐれ刑事三世」(木曜後8・00~9・48)を放映する。主演は同局のドラマでは初主演となる、お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造(50)。1988年から22年にわたって放映された人気ドラマ「はぐれ刑事純情派」が装いも新たに令和の時代に帰ってくる。

 原田演じる警視庁捜査一課の浦安吉之は、普段はとぼけて昼行燈(ひるあんどん)のふりをしているが、実はなかなかの敏腕刑事で、事件について迷い寄り道(=はぐれ)ながらも解決へと導く。浦安吉之についたあだ名「はぐれ刑事三世」は、かなりの方向音痴に加え、伝説の刑事安浦吉之助に名前が似ていることからつけられたものだ。

 安浦刑事を演じた、故藤田まことさんの代表作である「はぐれ刑事純情派」の新装版を演じることに原田は「安浦刑事のように説得力があるかどうか疑問ですが、今回は演技に渋さや重みを求められなかったので、安心しています」と浦安刑事独自の魅力をアピール。新キャラクターとなる浦安には「どこか懐かしさのあるキャラクターですが、今の時代の刑事らしくスマホを見事に使いこなしています。そのギャップや“これぞはぐれ刑事”と言いたくなる雰囲気も楽しんでほしいです」とした。

 見どころについては「なぜ人が事件を起こしてしまうのか、登場人物たちの感情の動きを丁寧に描いているので、視聴者の皆さんも浦安と一緒に事件を追う気分を味わってもらえるはず」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月29日のニュース