関ジャニ大倉 成田凌と共演映画、無観客で舞台あいさつも「届けられる幸せ感じています」

[ 2020年9月13日 05:30 ]

映画「窮鼠はチーズのゆめを見る」の公開記念舞台あいさつに登壇した大倉忠義(右)と成田凌
Photo By スポニチ

 関ジャニ∞の大倉忠義(35)と俳優の成田凌(26)が12日、都内で共演映画「窮鼠はチーズの夢を見る」(監督行定勲)の公開記念舞台あいさつを行った。

 当初は6月の公開だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。この日も無観客だったが、全国102の映画館に中継され、大倉は「皆さんに届けられる幸せを感じています」と感激の面持ち。成田と思いを寄せ合う恋愛映画で「撮っていくうちに当てはまっていく感じがあって、男同士ということを考えなくなった。いろんな感想を持ってもらえれば」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース