大島由香里 離婚について何度もイジられ「言えないことがいっぱいで。すいません」

[ 2020年8月27日 14:30 ]

大島由香里アナウンサー
Photo By スポニチ

 元フジテレビでフリーアナウンサーの大島由香里(36)が27日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で離婚について何度もイジられる場面があった。

 番組では立憲民主党の蓮舫参院幹事長の離婚について特集。司会の坂上忍(53)から「大島さん時はどうだったの?」とコメントを求められると、「聞きますか。私、詳細はあれですけど…」と言葉を濁し、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表の小塚崇彦氏(31)と昨年12月に離婚したことについては触れなかった。

 そのまま蓮舫氏について語り出し、「突然、その、蓮舫さんから(離婚を切り出した)ということでしたけど。たぶん蓮舫さんはずっと考えてたし、そういう話も旦那さんにしてたんじゃないかな。蓮舫さん的には、そんな突然でもない。周りにとっては突然かもしれないけど、ずっと考えてたことなんじゃないか。女性って一回決めると現実的に突き進むので」と力説。

 坂上が「大島さん、いいかい?僕は大島さんの時はどうだったの?って質問ですよ」と突っ込むと、大島は「私のは…私だけの話ではならないので、言えないことがいっぱいで。すいません」とコメントを避けた。

 坂上は「僕の時は1年ちょいくらいかかりましたけど。モメてどうのこうのではないです」と説明。

 その後、新型コロナウイルス禍で離婚を意識する夫婦が急増しているとの話題に移り、話題を振られたフットボールアワーの岩尾望(44)は「僕は独身で、何もエピソードないので大島さんにお返しします。どうぞお使いください、お時間」と無茶ぶりして笑いを誘った。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年8月27日のニュース