森泉 意外なアルバイト経験告白 そのきっかけに共演者思わず「スケールが違う」

[ 2020年8月24日 16:28 ]

森泉
Photo By スポニチ

 モデルのタレントの森泉(37)が23日、MCを務める日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。自身の意外なアルバイト経験を明かす場面があった。

 この日のゲスト、タレントのSHELLY(36)が18歳の頃、突然、それまでたくさんあったモデルの仕事が全然無くなったことを機に「怒とうのアルバイト人生を送ることになった」と告白。父の経営するバーや、サマースクールの英語の先生、中古車解体業など、幅広いジャンルでアルバイトをし「10代の頃にいっぱい、いろいろ経験できたんです」と、それが“10代の自慢”だと明かした。

 そんな話を聞いていたお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也(50)が「泉ちゃんは10代の頃、バイトとかないでしょ?」と話を振ると、森は「私、結構、バイトしてるんだよ」と意外な告白。上田が「マジか?」と驚く中、森は「1カ月ぐらいしか持たないけど」とあっけらかん。

 さらに、森は「結構いろいろ。鳩サブレーをこん包する(仕事とか)」と明かすと、共演陣も「えー!!」「そんなことやってたの?」とビックリ。森は「孫が同じ学校で、仲良かったから」と、製糖会社の社長の孫と同級生だったという、お嬢様らしいバイトのきっかけを明かすと、藤木直人(48)は「スケールが違いますね」とツッコミを入れた。森は「それで(バイトを孫と)一緒にやって。でも、ほとんど海行っちゃったから。鎌倉だから」と笑い飛ばし、スタジオの笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月24日のニュース