×

三浦さん偲び…各界から相次ぐ追悼コメント サンド富澤「仙台大好きと言ってくれていた」

[ 2020年7月20日 05:30 ]

19年、映画「アイネクライネナハトムジーク」で共演した「サンドウィッチマン」富澤たけし(右)と笑顔を見せる三浦春馬さん
Photo By 提供写真

 三浦春馬さんの訃報から一夜明けた19日、芸能界の枠を超えて悲しみが広がった。

 世界で活躍する女子テニスの大坂なおみ(22)も反応。ツイッターで、三浦さんの死去を伝えるツイートを引用し「文字通り言葉がありません」と英語でつづった。サッカー元日本代表の前園真聖(46)は出演したテレビで、死去2日前にNHKで楽屋が隣だったことを明かし「スタッフの人たちの声とか、談笑している声も聞こえて…」と悲痛な表情を見せた。

 三浦さんはお笑い界でも愛された。宮城県で全編撮影した三浦さん主演の映画「アイネクライネナハトムジーク」(19年)で共演した「サンドウィッチマン」の富澤たけし(46)はブログを更新。「映画の舞台だった仙台でご一緒した時は地元グルメも堪能したそうで“大好きな場所になりました!”と言ってくれていたので、なおさら悲しいです」とつづった。

 俳優仲間からもコメントがSNS上にあふれた。後輩女優では川島海荷(26)、芳根京子(23)らが追悼。TBS「ブラッディ・マンデイ」で妹役だった川島は「私にとって、お兄ちゃんでした。とっても優しくて、気さくで…いろんな作品で大きな背中をたくさん見せてくれました」と悲しみを吐露。19年のフジテレビ系ドラマ「TWO WEEKS」で共演した芳根は「大先輩だけどいつも気にかけてくださって、お兄ちゃんのような存在で、たくさんの事を教えてもらいました」と記した。

 同い年の南沢奈央(30)はツーショット写真を公開。「同い年で、同志であり、大切な友達であり、心から憧れる俳優。これからもずっと」と書き込んだ。11年にフジテレビドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」でダブル主演した戸田恵梨香(31)が「まだ受け入れられない だから おもいつづけるよ」と語りかけた。SNSへの投稿はこの日夜になっても増え続けた。

 100年以上の歴史がある米誌「バラエティー」も若すぎる死を報道。「俳優・三浦春馬」が幅広い層で注目された証となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2020年7月20日のニュース