安斉かれん 田中みな実から「大丈夫?怖くなかった?」 “怪演”に「笑っちゃいました」

[ 2020年7月11日 12:37 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 テレビ朝日ドラマ「M 愛すべき人がいて」に主演した歌手で女優の安斉かれん(20)が11日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)に生出演した。

 水野美紀(46)に水をかけられる場面について、「あのシーン凄く大変でしたね。レッスンのシーン。水野さん、ほとんどアドリブなので。大変でした、付いていくの」と説明。土屋伸之(41)から「(本番の演技中に)笑いそうになったりしないんですか?」と問われ、「しちゃってヤバイと思ってたんですけど…NGシーン見たら、みんな結構笑っちゃってたので1人じゃないって安心しました」と笑いを誘った。

 また「1日を通してずっといじめのシーンをやっていたので、本当にリアルで悲しくなっちゃったりしましたね」とも。

 田中みな実(33)との共演については「カメラ回って無いところだったら凄い優しい方で。“大丈夫?怖くなかった?”とか言ってくれて」と人柄を紹介。一方で「(みな実さんが)ドラム叩くシーンとかは、笑っちゃいましたね」と振り返った。

 劇中の1990年代については「リアルタイムでは生きてはなかったので逆に凄く新しかったです。世界観が。携帯とか、アンテナ伸ばすって知らなかったので。可愛かったですよ逆にファッションとかも」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月11日のニュース