乃木坂“公式お兄ちゃん”バナナマン・設楽 中田花奈の卒業発表に「悲しいけどおめでとう」

[ 2020年7月11日 12:24 ]

「バナナマン」の日村勇紀(左)と設楽統
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(47)、日村勇紀(48)が10日深夜、TBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」(金曜深夜1・00)に出演。この日、女性アイドルグループ「乃木坂46」からの卒業を発表した中田花奈(25)について語った。

 乃木坂の冠番組でMCを務め、グループの“公式お兄ちゃん”として親しまれているバナナマンの2人。1期生の中田とは初期から共演してきた。

 日村は、卒業発表を受けて「驚きでしたよ」と率直な思いを明かし、「一生懸命やってくれたよね、本当に初期からね」と功績を称えた。

 設楽は「卒業っていうのが付き物なんだろうけど、なんか悲しいね」としみじみ。中田が特技のマージャンを生かして冠番組を持つなど個性を出していることから「ああいうメンバーって、なかなかいないし、トークが面白い」と表現した。

 最後は、設楽が「悲しいけどおめでとうって感じです」と言葉を送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月11日のニュース