ジャニーズWEST・小瀧望 特殊メークせず「エレファント・マン」主演「全身全霊で」

[ 2020年7月8日 08:00 ]

「エレファント・マン」で主演を務めるジャニーズWESTの小瀧望
Photo By 提供写真

 ジャニーズWESTの小瀧望(23)が舞台「エレファント・マン」(10、11月、東京・世田谷パブリックシアター)に主演する。19世紀の英国に実在した、生まれながらに頭や体が変形し、見世物小屋に立たされていた青年メリックの物語。英俳優ジョン・ハートさんが主演した映画版は、1981年に公開され日本でも大ヒットした。

 ブロードウェーなどで上演された舞台版では、映画のような特殊メークは施されていない。小瀧もメークはせず、体を曲げるなどの身体表現でメリックを演じる。小瀧は、「全力で、全身全霊で頑張りますので、ぜひ劇場へ足を運んでもらえたら」とアピールしている。共演は高岡早紀(47)、木場勝己(70)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月8日のニュース