乳がん闘病中・だいたひかる 45歳誕生日に感激 これまで振り返り「悪いことばかりでは無かった!」

[ 2020年5月25日 19:19 ]

乳がんで闘病中のだいたひかる
Photo By スポニチ

 乳がん闘病中のお笑い芸人、だいたひかる(45)が25日、自身のブログを更新。この日、誕生日と結婚記念日を迎え「元気に誕生日を迎える事ができました」と感謝をつづった。

 「今日45歳の誕生日&結婚記念日に、沢山のコメントをいただき有難うございます」とファンに感謝。「正直、40歳で乳がん告知されてから…45歳の自分の未来を想像できませんでしたが…乳がんに罹患しても、リンパ節転移しても、局所再発しても…元気に誕生日を迎える事ができました」と闘病生活を振り返った。

 「今、告知されたり術後だったり…治療中の皆さんに…経験のおすそ分けができたらと思っています!」と今後も経験をブログで伝えていくことを決意。「ガンになった事は残念でしたが、悪いことばかりでは無かった!これが私の今の実感です!ガンを生きる喜びのキッカケの、踏み台ぐらいに思いたい!思って欲しい!!」と前向きに呼びかけた。

 ピン芸人日本一を決める「R―1ぐらんぷり」の初代王者でもあるだいたは2016年1月にステージ2Bの乳がんが発覚し、同2月に右胸の全摘手術を受けた。その後、リンパ節への転移も見つかったが、同10月に抗がん剤治療を終了。昨年3月にブログで乳がん再発を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月25日のニュース