マツコ「潔くていい気がする」音声のみでの出演がお気に入り「リモートの番組、あんまよくないよね」

[ 2020年5月25日 18:27 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が25日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に音声のみで出演。映像をつなぎリモートで出演者が登場する番組について、「あれ、あんまよくないよね」と評する場面があった。

 スタジオにはマツコのパネルが置かれ、MCのふかわりょう(45)が「スタジオが恋しくなってくるころじゃないですか?」と質問、マツコは「それがね、まったくです」と完全否定した。「このままずっとこれでよくない?いいよね、すごいやりやすい」と現在のスタイルが気に入っている様子だ。

 別の曜日のコメンテーターは「(ウェブ会議システム)いわゆるZoomによる動画になっているんですけど」と、ふかわから水を向けられたマツコは「そうなの!?」とビックリ。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出演者が自宅や別のスタジオなどから映像で登場するケースについて、「リモートの番組多いじゃない、あれあんまよくないよね。うん、このほうが潔くていい気がする」と、音声のみでの参加を“希望”した。
 
 自身は「リモートをまだやったことがない」という。「私がリモートの画面に映ったらちょっとイヤじゃない?どうしたらいいと思う?私はどうリモートに映ったらいいと思う?」と話し、スタジオでの収録は「すごいじゃない、照明とか」とした。

 この日、「黒船特派員」として番組に出演するタレント、ガウ(37)は映像をつないで登場。マツコは「ガウちゃん見ていたってアラが出ているじゃない」と指摘し、「ジェニファー・ロペスの30年後みたいになっているわね」「難しいよね、リモートって。みんながブサイクに映ればいいんだよ」とジョークを飛ばしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月25日のニュース